★applestar 天文と猫の部屋★

宇宙大好き!天体観測大好き☆彡
特に素粒子や原子核物理学が好きでクォ−ク閉じ込め・ 超重元素
などによる原子核物性にとても興味があります。
そんなapplestarの何気ない日々の日常脳内を
載せていきます!ヨロシクです☆((☆´∇)从(∇`★))♪♪
日本の宇宙開発の未来は?
0

     

    🍎いらっしゃいませ♪applestarの部屋へようこそ!

    大変ごぶさたしております!お正月以来、かなり久しぶりの

    ブログになってしまいました、ごめんなさいm(__)m💦

    さて1月27日(月) JST10:00に打ち上げ予定だったH-IIAF41は

    翌日、1月28日(火)JST10:34に延期となるもNOGOとなりました。

    一度目は悪天候によるものでしたが、28日の延期理由は腐食と思われる

    5僂曚匹侶蠅発見されたこと。フェアリングの温度低下を防ぐ為の

    ガス供給量の低下がみられた模様。温度の低いままだとフェアリング

    分離ができたかどうかも分からない!打ち上がったはいいけど

    肝心な衛星本体を軌道に乗せれなかったら大変!何たってこういう

    ご時世ですから貴重な国の予算は大切に使って欲しいよね!!

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    ↑上の動画はH2Aの後継であるH3Aのフェアリング分離実験の動画です。

    ロケットはこのフェアリングの中の物(ISSへの物資や衛星など)

    宇宙空間に届ける役目を果たし、時には宇宙飛行士の生命維持や

    宇宙ステーション存続に尽力している訳です!!

    今回延期、再延期となったH-AF41は2月9日(日) 10:34(JST)に
    TNSCより無事に打ち上げられました。このフェアリングの中に何が

    搭載されていたか、興味ない人には分からないですよね。

    毎回打ち上がるロケットに何が搭載されているのか、何が目的なのか

    知るのも、とっても面白いです。

    さてapplestarの今回のブログは、いつもと違う観点で(いつもかっw)

    書いていこうかと思います(〃艸〃)ハート

     

     

     

     

     

     

     

     

     

                       ※credit:JAXA HPより画像引用※

     

     

     

     

     

     

     

    これはJAXAの年度別予算グラフです。

    1950年代アメリカでNASAが設立された頃、日本ではやっとペンシル

    ロケット試験が成功し、前進である事業団NASDAが1960年代に発足!

    アームストロング船長とオルドリンが人類初の月面着陸をしました🌛

    ロシアではガガーリンが宇宙飛行に成功するなど冷戦時代、宇宙事業は

    アメリカとロシアが席巻していました。

    現在では、日本も宇宙事業に関しては素晴らしい成績を挙げています。

    そんな中、日本の科学技術の向上とは反対に宇宙事業への予算は年々

    減額されています(補正予算は例年より多く計上)。そんな貴重な予算を一体

    どういったものに使っているのかって皆さん考えた事がありますか❓

    では今回打ち上げられたH-AF41が宇宙空間に放ったものは一体

    何だったのでしょうか。

    過去の失敗機も含め関連する19機の後継機、「情報収集衛星 光学7号機」

     

     

     

     

     

     

     

     

     

                  ※内閣官房 公式HPより引用※

     

     

     

     

     

     

     

    名称だけで分かりますよね?そうです今回の衛星は情報衛星でした!

    所有者は内閣府 内閣情報調査室 内閣衛星情報センター。

    肩が凝りそうな堅苦しい名前w・・・(;'∀')💦

    実際にこの情報収集衛星に関する基本PDFはあるものの、なかなか

    一般人では詳細については閲覧できません。

    そりゃそうですよね、国防の一端であることは確かですからね。

    簡単に言いますと、情報収集衛星光学7号機(IGS7)は近赤外線観測と

    超望遠を搭載している光学衛星、画像取得の為のレーダー衛星の2機を

    ペアとしています。過去機も含めペア機です。SNS上では

    「スパイ衛星」とか「監視衛星」だと言われていますが、これは

    とある国からの弾道ミサイルとか、宇宙からの地上監視、有事の際の

    情報収集としての一環である事は事実なので、噂が全部事実では

    ありませんが、ほぼ間違いじゃありません!

     

     

     

     

     

     

     

     

     

               ※credit:共同通信社NEWSより引用※

     

     

     

     

     

     

     

    さて、この光学7号機は来年には今後初の試みであるシステム初の

    データ中継衛星1号機を年内には打ち上げる予定です。

    レーダー7号機以降も、関連する衛星など長いものだと2023年開発着手し

    2034年打ち上げ予定のものまで計画されています。

    過去、宇宙開発事業団から現在のJAXA、関連するMHIやIHIも

    中小企業も宇宙事業の発展には悪戦苦闘、失敗の連続を経て今があり

    宇宙への夢を追い続け、携わってきた方々がたくさんいます✨

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    そんなJAXAといえど、内閣府・総務省・文科省・通産省ほかの所轄であり

    時には防衛省や警察庁の関連衛星も打ち上げます。

    内閣府、各省庁が中長期ビジョンとして掲げる宇宙事業計画案を見る限り

    JAXAは宇宙の未知なる世界を追求するだけの機関ではない!って事。

    実際、JAXA職員の中にも、お役人たちが決めるものに、違和感がある方は

    いらっしゃると思います。思います、というよりapplestarみたいな一般人が

    懸念している事ですから職員なら絶対いるはずです。

    しかし、国の予算を充てられ使う以上は、「志」と違うミッションでも

    やらなきゃいけない事が大いにあると思います。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    以前からJAXAは研究開発・ロケット打ち上げ実施から確立までは携わり

    そのあとは民間への移行がみられます。

    H2Aを三菱へ移送サービスを移管したように、現時点で開発段階の

    イプシロンやH3Aなど民間への技術移転も大いにある中、今後の日本の

    宇宙開発はどうなるのか・・・

    昨年MAST防衛・装備に関する国際会議に”はやぶさ2”の実物大パネル

    を展示したことは、驚きましたね!ご存じの方も多いと思いますが

    世界の軍需産業が最新の武器を展示し、各国の軍人らが商談に訪れる

    武器見本市にJAXAがなぜ協賛したのか❓

    もちろん展示のメインは、はや2ではなく、SSAシステムなどですが

    どちらにせよ、軍需産業の場にJAXAが正面から足を踏み入れたのは事実!

     

     

     

     

     

     

     

     

     

                    ※credit:JAXA、スペースガード協会HPより※

     

     

     

     

     

     

     

    SSAシステムをみなさんはお分かりですか❓SSAとは宇宙状況把握

    Space Situational Awarenessの略でメインはスペースデブリの観測。

    文科省 宇宙開発利用課の事業計画では平成27年度から令和にかけて

    運営交付金や施設整備補助金等の事業費など約101億円ほかが予算計上

    されています。勿論、スペースデブリ対策にJAXAが対応する事はapplestarも

    めっちゃ嬉しい✨どんどん観測技術の向上にも力を入れて欲しい、

    宇宙環境のクリーン化を切に願っています。が、このSSAシステムは

    低軌道帯、高軌道帯での未知物体の探索に役立てられるんです。

    この流れでもう分かりますよね❓そうです、どこぞやの国の”〇〇ドン”とか

    ”謎の飛翔体”とか把握したりもできる訳ですよ。

    SSA関連の施設の向上は結局、別途、関係政府機関が一体となり国の

    運用体制の構築にも貢献してる訳です。

    本来の目的である国内のスペースガードセンターの向上、研究費や資金の

    増額は良い事だが、それを国が将来的にどう利用するのかは未知です!

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    しかし、ここで綺麗ごとばかり言って安全保障をまったく考慮しない国は

    実際のところなかなかありません!国民を「守る」にも気合いだけじゃ

    ムリ!お金も装備も必要・・・それはapplestarにでも分かります。 

    ですが、地球大気を通り越し、宇宙空間は地球人だけのものなのか❓

    JAXAが安全保障ばかりに今後、偏っていくのを心配するところです。

    では一体、JAXA 山川理事長は今後の宇宙開発をどう考えているのか・・・。

    過去の理事長と決定的に違う方です。日本のビジネス経営のトップの方々が

    ずっと理事長でしたが、初の宇宙工学の博士号を持ち内閣参謀も経験した

    研究者の就任!!そして理事にも若田光一さんをはじめ、そのほかにも

    宇宙・天文博士がいらっしゃいます✨期待できる役人刷新でした。

    ずっと根付いてきた体制体質を直ぐには変えられないでしょうが

    7年間もの在任期間にどんなビジョンを持っているのか・・・。

    どんな宇宙事業を描いているのでしょうか・・・。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    山川理事長が就任当初に描いたビジョンはハッキリと2つおっしゃいました。
    1、JAXAという組織の成果が、本当に生活や社会に根付いていく
    方向になっていくのか。
    2、政府の宇宙機関として、宇宙機関でしかできないことは何か。

     

    applestarも考えていたものの一つ、宇宙空間は誰のものか❓
    という疑問に対し、上記2の中に含まれていました。『宇宙における

    ルール作りは直接的には各国政府間で議論されるべきものです。宇宙機関は

    そのために必要な技術的なアドバイスを政府に提供するという役割を持ちます。

    ルール作りという意味では安全保障という大命題があります。』

    おっしゃってました。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

                  ※credit:NASA HPより画像引用※

     

     

     

     

     

     

     

    では、上記1に対してはどうでしょうか❓

    人類が誕生し文字や数字が存在しない太古の昔から天で起きる現象を

    不思議に思い、それを元に学問や宗教的価値観が生まれました。

    人類は誕生してから現在に至るまでずっと、知的好奇心、宇宙の起源や

    太陽系の解明など興味を持っています。

    さて、その興味や好奇心が巨額の予算を費やしてでも、現代の日本人に

    今すぐに役立つものなのか❓という一般国民の考えを汲んでの発言ではないかと

    applestarは直感的思いました。

    先述したように、JAXAというのは”人類の永遠の宇宙の謎だけを追う

    機関”ではないって事。宇宙科学・産業・安全保障という色んな面に

    携わる機関である事は、ここまで読んで皆さんも分かりますよね。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)が当面の中長期計画を

    挙げてますが、今回のブログでは大まかなものをアップします。

    1.安全保障の確保及び安全・安心な社会の実現

      衛星測位・衛星リモートセンシング・衛星通信・宇宙輸送システム

      海洋状況把握、早期警戒機能等・宇宙システム全体の機能保証

      宇宙科学と探査・国際宇宙ステーション・国際有人宇宙探査

      人工衛星の開発運用など

    2.宇宙利用拡大と産業振興

      民間事業者との協力・宇宙産業基盤、科学技術基盤・デブリ対策

      宇宙太陽光の発電を含む強化や維持

    3.宇宙科学・探査分野における世界最高水準の成果創出及び国際的

      プレゼンスの維持・向上

      国際ベンチマークに照らした研究開発等・人材育成のための制度整備

      大学や海外機関等の外部との連携・外部資金の等の獲得や活用

    4.航空産業の振興・国際競争力強化

      航空産業の振興、国際競争力強化に係る成果

      知的財産権の出願、権利化などなど

    以上、メイン目標をapplestarが抜粋して書き出しました。

     

     

     

     

     

     

     

     

                ※credit:内閣府HPより引用※

     

     

     

     

     

     

     

     

    数十年前にはなかった割合ですね・・・ギリギリ過半数を保つ

    文科省が占める宇宙開発の割合。

    真の宇宙科学だけを研究・開発できるというのは、このご時世

    もう無理ですね!そうです。国民が汗水垂らして働いて真面目に

    納金している税金で賄われているものです。これはもう仕方ない!!

    近年、自然災害が多くみられる中「宇宙から地球をみる」という

    情報収集は大規模災害になる前に予見・予知できる事で、国民への

    早い避難を呼びかける事もでき、火山活動や地殻変動情報なども

    高性能の光学衛星でクリアに見る事ができます。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    内閣府・内閣官房におけるものは監視衛星と以前ブログで書いた

    準天頂衛星(みちびきなど)。システムの開発・整備・運用や

    宇宙利用拡大の調査研究もとても大切です!大切なのでしょうが

    applestarとしては未だ割合の低い、地球大気全体の温室効果

    ガス濃度の状況把握、気候変動に関する発展とか、

    リモートセンシング分野などに期待していますので国土交通省の

    役割や環境省の役割が今後、伸びて欲しいと思っています!

     

     

     

     

     

     

     

     

     

      ※photo by: 三本松 尚雄氏 『カリフォルニア星霧』より 本人承諾による引用、写真転載禁止※

     

     

     

     

     

     

     

     

    宇宙の神秘、それは美しさと同時におどろおどろしさがある。

    宇宙の起源、宇宙空間(ほぼ真空状態)での素粒子や物質の状態など

    知りたい事は山ほどあります。

    なぜ「無」は無じゃないのか。対消滅のなか、なぜ物質が勝ち残ったのか。

    再電離の謎、加速膨張する真の正体は何なのか。

    宇宙の解明は、いろんなジャンルの科学の進展にも繋がっていきます。

    日本人、そして世界の科学者、数学者の英知が「何」に使われるか❓

    政府はそれをどう活かし、宇宙開発をどう展開していくのか❓

    今後の日本の進展に欠かせないもの、それは科学に限らず、教育指導側の

    人間性の改善、且つ教育要綱の見直し。人材の育成と、どんどん減る

    研究施設のこれ以上の歯止めを行うこと。

    素晴らしいものを、どう使って後世に残すか・・・。

    宇宙や科学に興味がない方も是非、日本における宇宙開発について

    ほんの少しでも知るのも良いかと思います!

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    今回はいつもと違うテイストで執筆してみました。

    日本では今、大変な事態になっていますが、このブログを読んで

    下さっている皆さん体調はいかがですか?

    外に出るのは自粛・・・といいますが働く人々は休めないです。

    applestarは病院勤務ですが、休日日数が減らされています(-_-;)

    皆さん、どうかお気をつけてお過ごしください。

    外出自粛で星空撮影など控えている皆さん、休校中で長い

    お休みの子供さんも、晴れた夜は換気も兼ねて窓から星空を

    見るのもいいかもしれませんよ★

    拙いつぶやきブログに付き合ってくれてありがとう♪

    ではでは、applestarでしたぁ♪バイバ〜イ❤❤❤

     

     

     

     

     

    読んでくださってありがとう(^_-)-☆良かったらポチっ!!

    にほんブログ村 科学ブログへ
    にほんブログ村

     


    科学ランキング

     

     

     

    | applestar | ☆つぶやきブログ☆ | 23:20 | comments(0) | - |
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << April 2020 >>
    + ★今夜、星見れるかな?★

    + ★ access counter ★

    + ★ applestar 図書館 ★

    + ★ Blog ranking ★

    + ★世界でいちばん素敵な「月の教室」

       
     

    + LINKS

    + RECENT COMMENTS


    + SELECTED ENTRIES

    + CATEGORIES

    + ARCHIVES