★applestar 天文の部屋★

小学生の頃から宇宙一筋の宇宙バカ^^★そして
目標である2016年秋に初めて買ったカメラでの星空撮影の
進捗状況を交えながらapplestarの素顔ならぬ素脳をwww
載せていきます!ヨロシクです☆((☆´∇)从(∇`★))♪♪
<< 私が見た星空(14) | main | クエーサー >>
膨張のその先には
0

     

    りんごいらっしゃいませ♪applestarです‼
    ジャンルの引っ越しをしてから、メール攻撃や
    人を悲しくさせる様な行為もなくなったので
    また、科学ジャンルでお世話になりますぅ♪
    さて、土曜日は雲ひとつない快晴で久しぶりに
    「春」を感じることができましたぁヾ(≧▽≦)ノ✨
    ですが、夜になると雲が出てくるというお決まりの
    パターンに陥り、止む無く撃沈!満月だってめっちゃ
    綺麗な星空は見れるんですよ、田舎ではねw
    そして朝になると晴れ始める日曜日・・・💦
    まっ、22日だけでも満天の星が見れたので良し!としよう♡

     

     

     

     

     

     

    さて、今回のブログは「膨張」について触れて
    いきます♪あくまでも私の”ぼやき日記”だと思って
    流して読んでくれたら嬉しいですぅ( *´艸`)✨
    では、皆さんに想像の世界に入ってもらいますw
    どんなイメージでも構いません!宇宙を想像してみて
    思い浮かんだかな❓じゃあ〜そのイメージ宇宙の
    50億年前はどんなイメージ?もっと、さかのぼって
    100億年前はどんな宇宙を想像した?

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    きっと殆どの人は地球の周り、太陽系のこととか
    なんとなく銀河を想像したのではないかと思います!

    宇宙の50億年前は❓”う〜ん・・・昔は地球も
    月の一部だったよね″
    などなど、キッズ達!!
    ”大昔は惑星や銀河、恒星の数が少なかったのでは❓”

    と想像するキッズ教室のご両親からの返答・・・
    もちろん所説ありますが一般的な回答ですね!

    だけどぉ、宇宙のことをもっと詳しく知るとね
    、とてもファンタスティックな謎の世界が待ってる💛

    では、大昔の宇宙へ遡っていきましょ〜ヾ(≧▽≦)ノ✨

     

    ※(c)AFP PHOTO / NATURE - NATIONAL SCIENCE FOUNDATION / N.R. FULLER※

     

     

     

     

     

     

    上の写真をご覧ください、宇宙は約138億年前に
    誕生したと考えられています!
    宇宙創成の頃はまだまだ、明るい恒星・銀河・
    惑星・衛星などなにも存在しない時代がありました月
    そんな時代、宇宙はどうなっていたのか・・・
    前回のブログでも触れましたね^^覚えてますか❓
    「無」といわれる宇宙ですが、物理学的にそれは
    ゼロではないんだよね💦何といえば分かるかな〜
    「観測できない」「姿がみえない」という言い方が
    分かりやすいのかなぁ〜〜❓

     

     

     

     

     

     

    粒子と反粒子が出合いぶつかると「消滅」(対消滅)しちゃう
    そして消滅したら直ぐに、新しいエネルギーになって、
    また生まれる「生成」
    (対生成)を繰り返してきた、その頃の
    宇宙は小林・益川理論と実験↓(下の写真)↓で検証された様に
    ”粒子の方が反粒子よりほんの極僅かだけ寿命が
    長かった”事が分かり、そのお陰で宇宙に物質を
    作るご先祖さまが残ったんだよ( ;∀;)✨
    これが証明されたって事は、無から生まれた宇宙
    ・・・その「無」が「ゼロ」ではない事が分かるねビックリ

     

     

     

     

     

     

    ※KEK高エネルギー加速器研究機構公式HPより※

     

     

     

     

     

    こんな原子宇宙の頃は、どんな大きさだったのかな❓
    星も銀河も惑星・衛星も何もないのに今と同じ
    宇宙空間があったとは思えない💦
    上に書いた様に、生成と消滅を繰り返し、湧きたった
    宇宙は「過密な真空」状態になったのだぁ!
    ※不確定性原理なる難しい話は、ココではしません※
    実は真空にはエネルギーがあるといわれてます!
    この真空のエネルギーは既にカシミール効果という
    現象で証明されていますビックリ

     

     

     

     

    ※NHK ONLINEシェア可能ヘッドライン (コズミックフロント)より※

     

     

     

     

    この宇宙空間(真空)には”反発力”をもたらす
    エネルギーが満ち溢れていて、そのエネルギーを
    ”ダークエネルギー”と呼び、宇宙全体の70%以上も
    占める途轍もないエネルギーですビックリ
    上の写真にある「真空のエネルギー」といわれるものは
    実はダークエネルギーではないか❓という理論が
    あるんだけど〜実際に観測で得られた値と理論上の
    値とに余りにも大きい誤差があり、謎のままです💦
    だけど〜「ダークエネルギー」は存在しているという
    事は分かっています✨そして、アインシュタイン最大の
    過ちとしてとても有名なお話をひとつ・・・

     

     


     

     

     

    あのアインシュタインおじさんキラキラは「宇宙は静止してる」
    と言いましたビックリ
    当時、宇宙は絶対的な存在だと考えられててね〜
    生まれたり膨張したり、変化するって思われてなかったの!
    でも、アインシュタイン自身の理論ではソレを否定する
    「重力」により動いてる解へ導くわけよ・・・おどろきおどろき
    自身が訴える事が自身の方程式に否定されるので
    アインシュタインは「宇宙項」(Λ)を途中で入れて
    静止解にしたんじゃないか〜と!(本人否定してますがw)
    そして、それは当時エドウィンハッブルの観測により
    光の波長によるドップラー効果(ハッブルは赤方偏移の観測)
    観測で、遠ければ遠い銀河ほど速く膨張してる事が
    分かって、打ち砕かれたのでしたぁ〜ダウン涙
    アインシュタインは宇宙項を導入した事を自身で
    「最大の誤りだった〜」と後に答えていました💦

     

     

     

     

     

     

    さぁ膨張が確認された今、考える事は二つあると思う
    1つは膨張が進んでるってなると、過去に遡っていくと
    小さかったって事♪
    もう1つは今回のブログのタイトル「膨張のその先」
    ・・・この2つの疑問が出てくるはずです!
    今回は2つ目について触れます☆彡

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    私たち地球人は宇宙の始まりも終焉もこの目で
    見る事はできませんビックリでも数学、物理学、量子力学
    化学、熱力学、流体力学、生物学・・・etc
    色んなジャンルのScienceの進歩で人類が過去に
    授かった知識を頼りに、見てはいない物が
    少しずつゆっくりと見えてきています✨
    このまま膨張が進んだら❓幾つかの理論をご紹介✨

     

     

     

     

    ビッククランチ⇒1番有名な説かもしれません!
     ゴム風船をいっぱいいっぱい膨らませ、空気の
     入り口から手を離せば、風船がしぼんでいく様に
     簡単に言えばビッグバンの真逆の現象の様に私は
     感じたなぁ(^^;)
     原子宇宙で放たれたエネルギーは、宇宙全体の
     「重力」によってその拡大が減速恐怖引っ張られ
     徐々に収縮していくのだという仮説ビックリ
     理論によると、最終的に宇宙全体は目に見えない
     程の点に押し込められ、終わってしまうそうにゃ💦

     

     

    ビックチル⇒この理論も有名ですね♪
     すべての恒星を動かしている、核エネルギーが
     燃え尽きて、やがて宇宙は冷たくなり終わりを迎える
     という理論仮説ビックリ
     膨張を続ける宇宙の中で地球は孤立した惑星に💦
     星間距離は時間と共に離れて地球から見えなくなり
     最終的には宇宙の全てが凍りついて終わりを迎える!
     なんとなんと恐ろしや〜泣く
     何億年?何百億年?も先の事だが人類はいない・・・はず?w

     

     

    ビックリップ⇒上でも書きましたが、宇宙が膨張
     だけでなく加速膨張している事が分かり
     ダークエネルギーという見えない力も判明した!
     収縮を促す重力とは逆に、膨張を促す力のある
     ダークエネルギーが、宇宙終焉を招くカギとなる❓
     要は、一点に引き寄せようとするダークマターと
     引き裂こうとする、ダークエネルギーの戦いが
     宇宙を終焉に向かわせてるという理論仮説ビックリ
     もしもダークエネルギーが勝てば、宇宙は〜
     原子レベルまでバラバラに裂けるおどろきおどろき
       もしこのシナリオが当たってたら〜・・・
       500億年後、宇宙はバラバラ💦遠くの星や銀河は
     互いに引き離され恐怖まる星・惑星・そして原子もが
     引き裂かれることになるんやって〜Σ(・ω・ノ)ノ!!

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    宇宙終焉のシナリオの仮説を書いてて不気味さを
    感じたapplestarでしたが、当然だとは思うけど
    その頃、人類は存在していないか、ダーウィンの
    進化論にならい別な進化生物になってるかも❓(笑)
    贅沢は言いません、華やかじゃなくていいから
    地元の景色と共に星空を眺める事ができる「今」
    に感謝ですぅヾ(≧▽≦)ノハート
    では、今日は簡単ではありますが「宇宙膨張」に
    ついて書いてみますたぁ〜✨
    季節の変わり目、体調を崩されてる方が多いの
    みんなも気をつけてねm(__)m
    ではapplestarでしたぁ♪バイバ〜イ❤❤❤

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    ↓読んで下さってありがとう♪良かったらポチっ‼↓

    にほんブログ村 科学ブログ サイエンスコミュニケーションへ
    にほんブログ村

     

     

     

     

     

     

    | applestar | 天文 物理 量子力学 | 16:07 | comments(0) | - |









      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << May 2018 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + applestarのつぶやき
    〜今年の目標〜
    ★今年もストレート進級! ★躊躇せずに挑戦!
    ★笑顔&人に優しく!
    ★知識はいくつあってもいい!
    + TIME
    + 今夜、星見れるかな?
    + ★applestar図書館★
    + counter
    ブログパーツUL5人目です。
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE